ウォーホール からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

アンディ・ウォーホル

あんでぃうぉーほる

Andy Warhol

アメリカの画家・版画家芸術家ウォーホールとも表記される。

  1928年8月6日ペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれ。本名アンドルー・ヴァーコラ。

  スロヴァキア移民の家庭に生まれる。

  1987年2月22日没。

  

 1950年代、大学卒業後はニューヨークへ移り『ヴォーグ』や『ハーパース・バザー』など雑誌の広告やイラストを手がけた。

  1960年イラストレーションを離れファインアートの世界へ移る。『バットマン』、『ディック・トレーシー?』、『スーパーマン』など、コミックをモチーフに一連の作品を制作するが、レオ・キャステリ?画廊で、同様にアメリカン・コミックをモチーフにしたロイ・リキテンスタイン?のポップイラストレーション作品に触れて以降、この主題放棄した。

 1961年、キャンベル・スープ?の缶やドル紙幣をモチーフにした作品を描く。こうした作品はポップアートと称される。 

 1962年にはシルクスクリーンプリントを用いて作品を量産し始める。死と結びつく大衆的な題材としてマリリン・モンロー航空機機事故、自動車事故などの報道写真を利用した。 

 1964年以後、ニューヨークにファクトリー? (工場) と呼ばれるスタジオを構え、ここでアート・ワーカー(芸術労働者)を雇い、シルクスクリーンプリント、靴、映画などの作品を制作した。

 1965年(37歳)、ルー・リードを中心とするバンド、「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のデビューアルバムのプロデュースを行い、スリーヴアートを手がけた。ウォーホルは 彼ら の演奏を聴き共作を申し込み、女優兼モデルのニコ?を引き合わせヴォーカルに加入させた。

 1968年6月3日、「全男性抹殺団」のメンバーだったヴァレリーソラナスという女性に拳銃で狙撃された。この事件は「アンディ・ウォーホルを撃った女?」として1995年に映画化された。