スマートフォン用の表示で見る

アンディ・ミリガン

映画

アンディ・ミリガン

あんでぃみりがん

映画監督

スプラッター映画界の隠れた財産であり最底辺。テッド・V・マイケルズ?ランクの映画監督よりも下。N.Y.をホームタウンとする。

彼の映画の制作費は平均2万法陛時の相場からしても商業映画としては安すぎる)。そのわり、なぜか、彼の作品の多くは、イギリスロケで行われていた。

ハーシェル・ゴードン・ルイスと比べると、脚本には少し目を見張るものがある。

主な作品(全部アメリカ作品)

血に飢えた断末魔 1970

拷問の密室 1970

ザ・マン・ウィズ・ツーヘッズ 1972

呪いの館 1972

ブラッド 1974(おそらく最後の作品)