アントニン・ドヴォルザーク

音楽

アントニン・ドヴォルザーク

あんとにんどう゛ぉるざーく

Antonín Dvořák

チェコ国民楽派作曲家

1841年9月8日、生まれ。1904年5月1日、死去。

チェコ語に近い発音をするならば、ドヴォルジャークとなる。

チェコ人らしくスラブ的な音楽が多い。アメリカに影響された作品もいくつかあり、彼の代表作のうちの一つ「交響曲第9番ホ短調(新世界より)」もそれである。

有名な作品(三重奏曲=トリオ)

交響曲

歌劇

  • ルサルカ

歌曲声楽曲

  • ジプシーの歌(全4曲のうち第4番は「わが母の教えたまえし歌」)

室内楽曲

管弦楽曲

協奏曲

ピアノ曲

4手ピアノのための曲
目次