アントン・P・チェーホフ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

アントン・チェーホフ

あんとんちぇーほふ

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ

ロシアを代表する劇作家小説家

1860年1月29日、生まれ。1904年7月15日、死去。

代表作品は戯曲「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「桜の園」。

小説作品では「六号室」「黒衣の僧」「大学生」など。

他にも数々の短編作品を執筆しモーパッサンと比較されることが多い。