スマートフォン用の表示で見る

アンドリュー・バルトフェルド

アニメ

アンドリュー・バルトフェルド

あんどりゅーばるとふぇるど

アニメ機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の登場人物。

ザフトアフリカ方面を担当するバルトフェルド隊隊長。「砂漠の虎」との異名を持つ猛将である。軍に入る前は有名な広告心理学者で、振動工学の権威でもあった。

正当な戦いを好む豪快な軍人気質。無類のコーヒー好きでもあり、ドネルケバブのソースにもこだわりがあるなど、グルメな一面も持つ。こうした一面があるためか部下からは慕われていた。特徴的な服装センスの持ち主であり、それは日常生活においても、パイロットスーツにおいても顕著であった。アイシャという恋人がおり、「アンディ」との愛称で呼ばれていた。

地上空母レセップス?MSバクゥを主力とした部隊を率い、自身は愛機の指揮官用MSラゴゥを駆ってアークエンジェルの面々と交戦。キラ・ヤマトにこの戦争において、本当に戦うべき相手とは誰かを問う。キラ・ヤマトストライクガンダムに破れ、恋人であるアイシャを失い、自身も左眼、左腕、右足を失う。奇跡の生還を遂げた後、パトリック・ザラによって新造艦エターナルの艦長に起用されるが、ラクス・クライン率いるクライン派とともに戦う道を決意し、「三隻同盟」へと参加する。

停戦後、マリュー・ラミアスらとともにオーブ連合首長国へと亡命していたが、情勢の変化に伴い、アークエンジェルのクルー兼ムラサメパイロットとして起つこととなる。

さらに情勢が悪化したため、プラントの状況を見定めるためラクス・クラインと共に宇宙に上がり、戦艦エターナルと合流した。

搭乗機は、バクゥラゴゥムラサメアンドリュー・バルトフェルド専用機)、ガイアガンダムアンドリュー・バルトフェルド専用機)

指揮した艦艇は、レセップス?エターナル

CV置鮎龍太郎