アンドレ・ブルトン

読書

アンドレ・ブルトン

あんどれぶるとん

André Breton

フランス詩人エッセイスト批評家

1896年2月19日、生まれ。1966年9月28日、死去。

シュルレアリスム運動の創始者・理論家で終生その立場を守った。

タンシュブレイに生まれる。高等中学校時代から詩作に興味をもつが、パリ大学では医学を専攻し1915年には第一次大戦軍医として従軍

1916年にルイ・アラゴンポール・エリュアールらとともにダダイストのグループに参加し、1922年にはシュルレアリスム運動を開始。「シュルレアリスム第1宣言」を1924年に発表し、雑誌「シュルレアリスム革命」の編集長となる。さらに「革命」をめぐって一時的に共産党にも入党するが、本来的・思想的には異なっていたため1935年に離党。その際に共産党側に残るアラゴン、エリュアールと決別した。

第二次大戦中はアメリカ亡命。一方かつての同志であるアラゴン、エリュアールらはフランスに残り対独レジスタンスに参加している。

1946年以降は帰国してシュルレアリスム運動を続けた。

トロツキーと交流があり思想的にも影響を受けている。