アンドレ・ロッテラー

スポーツ

アンドレ・ロッテラー

あんどれろってらー

André Lotterer

ドイツ人レーシングドライバー。1981年11月19日生まれ。

2003年に来日して以降、主に日本を主戦場として活躍。

2007年と2009年のSuper GT、2009年のフォーミュラニッポンでそれぞれチャンピオンを獲得。

またル・マン24時間レースでもブノワ・トレルイエ、マルセル・ファスラー?らと組んで通算3勝(2011年、2012年、2014年)を挙げている。

なお2014年ベルギーGPケータハムからF1デビューを果たしたが、このとき小林可夢偉のシートを奪う形での参戦となったため、物議を醸すこととなった。この年のケータハムはオーナーが2回交代するなど混乱のさなかにあったため、結局この1戦のみの参戦に留まった彼も犠牲者となっている。