スマートフォン用の表示で見る

アンピール様式

アート

アンピール様式

あんぴーるようしき

(仏:Style Empire?帝政様式、英:Empire style?エンパイア様式

ナポレオン1世帝政期以降、19世紀初めのフランスを中心にヨーロッパで流行した建築・家具・装飾などの様式。「アンピール?(Empire?)」はフランス語で「帝政」の意。 古代ギリシャローマを範とした、直線的で力強く端正な様式に、帝国の威信を表現する豪華で荘重な装飾を加味した意匠が特徴。装飾のモチーフには、ギリシャローマ風のもののほか、スフィンクス象形文字などのエジプト風のものもとり入れた。家具にはブロンズマホガニーなど、重厚な材が好まれ、調度や食器などの装飾に金細工を多用した。建築の代表例はパリのエトワール凱旋門カルーゼル凱旋門など。