スマートフォン用の表示で見る

アンフォルメル

アート

アンフォルメル

あんふぉるめる

Art informel(仏) 非定形なるものの意。第二次大戦後のパリで起こった前衛絵画運動。1950年に批評家ミシェル・タピエによって戦後フランス胎動する新たな非具象的な絵画として提唱された。モネセザンヌピカソを超えた新しい絵画の創造を目指したフォートリエ、ヴォルス、デュビュッフェを先駆者として、ミショー、スーラージュといった作家たち、加えて当時パリにいたザオ・ウーキー、堂本尚郎今井俊満などがこれにかかわる。既存の絵画の具象的、構成的、幾何学的なイメージを脱却し、理性では捉えられない意識下の心の状態から生み出されるものの表現を試みた。