アンロック/陰謀のコード

映画

アンロック/陰謀のコード

あんろっくいんぼうのこーど

Unlocked

スタッフ

  • 監督:マイケル・アプテッド
  • 製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ジョージナ・タウンズリー?、エリク・ハウサム?、クローディア・ブリュームフーバー?
  • 脚本:ピーター・オブライエン?
  • 撮影:ジョージ・リッチモンド?
  • プロダクションデザイン:オンドレイ・ネクヴァシール?
  • 衣装デザイン:ボヤナ・ニキトヴィッチ?
  • 編集:アンドリュー・マックリッチー?
  • 音楽:スティーヴン・バートン?

キャスト

概要

 東ロンドンの地区センターで、就職斡旋の仕事に励むアリスラシーン(ノオミ・ラパス)。だが、それは表の顔。彼女の真の姿はCIA女性尋問官、過激派の潜むこの街で、囮捜査官としてテロリストの情報を集めている。

 かつて尋問のスペシャリストとして華々しく活躍していたアリスだが、2012年にパリのテロ事件の首謀者を尋問した際に、自供させたが犯行を阻止できず、24人の犠牲者が出たことを今も重く受け止めている。12歳でヨーロッパから渡米し、過酷な環境を生き抜いたアリスは正義感が人一倍強く、当時の上司のラッシュ(マイケル・ダグラス)から「君のせいじゃない」と言われても、自らを許すことができずにいた。

 そんななかCIAは、イスラム教の指導者ハリル(マクラム・フーリ)が、英国テロを決行せよとの指示を使者ラティーフ(エイメン・ハムドゥーチ)に託したという情報を掴む。指示を与える相手は、ハリルを師と仰ぐマーサー(ミヒャエル・エップ)で、恐ろしい病原体によるバイオテロを企てているというのだ。

ラティーフの身柄の拘束に成功したCIAは、彼から密会の詳細を聞き出し、使者をすり替えてテロを止めるという作戦を立てる。だが、ドイツから呼びよせた尋問官が何者かに殺されてしまう。本部で緊急会議が開かれ、ヨーロッパ部門長のハンター(ジョン・マルコヴィッチ)は、代わりの尋問官にアリス指名する。

 翌日、ロンドン支局のサッター(マシュー・マーシュ)と名乗る男が現れ、アリスラティーフの元へと連れて行く。アリスラティーフと対面すると、2年間のブランクをものともせず、テキパキと指示を飛ばす。 監視カメラを切り、手錠を外し、1対1で信頼関係を結ぶのが彼女のやり方だ。やがてアリスラティーフの心を掴み、密会の手順と合言葉を聞き出す。

 しかし、隣の部屋で待機していたサッターに報告しようとしたその時、アリス携帯電話が鳴る。本部のロムリー(ブライアン・カスプ)からで、「至急ロンドンで尋問を頼む」と言うのだ。「もう始めている」と戸惑うアリスに、「ロンドン支局には、まだ話していない」と驚くロムリー。罠だった! アリスラティーフを連れて逃げるが、激しい銃撃戦へと発展し、ラティーフは撃ち殺される。

アリスがラッシュの自宅へと逃げ込む間に、本部はラティーフが誘拐されたことを突き止めるが、後の祭りだ。どうやらCIA内部に裏切り者がいるらしい。そう気づいた時には、既に追っ手は目の前に迫っていた。ラッシュは銃弾に倒れ、アリスは彼の指示したマンションへと避難する。

 だが、部屋には盗みに入っていたジャック(オーランド・ブルーム)という思わぬ先客がいた。アリスは彼を縛り上げると、電話線に細工をし、固定電話から本部へと連絡する。向かいの棟に逆探知で駆け付けたロンドン警視庁特殊部隊を確認したアリスは、今や自分が容疑者リストのトップだと知って逃げる。その時、彼女を助けたのが、ジャックだった。

 力になると名乗り出た元海兵隊員のジャックを相棒にしたアリスは、信頼を寄せるMI5の捜査官ノウルズ(トニ・コレット)に、ある作戦を持ちかける。果たして、アメリカ英国の両政府に追われながら、恐るべきバイオテロを阻止することはできるのか?そして、裏切り者の正体とは──?

(公式サイトより)

*1:簡潔な銃器による殺傷・出血がみられるが、親又は保護者の助言・指導があれば、12歳未満の年少者も観覧できます。

*2:Rated R for violence and language.