スマートフォン用の表示で見る

アヴラム・デイヴィッドスン

読書

アヴラム・デイヴィッドスン

あう゛らむでいう゛ぃっどすん

アメリカSFミステリファンタジー作家。1923-1993

アヴラム・デイヴィッドスン1923年生まれ)は、名前から想像がつくように、正統ユダヤ教徒として育ったアメリカの作家。SF界屈指の技巧派として、玄人筋の評価が高いわりに紹介が進まないのは、ペダントリー過剰で悪趣味すれすれの饒舌な文体がとっつきにくいのと、代表的な長編がすべて尻切れトンボで終わっていることが原因だろう。作者は93年に他界したので、これらが完成することは永久になくなった。しかし、オカルティズムや疑似科学に精通したデイヴィッドスンの作風は、澁澤龍彦氏の著作などに親しんだわが国の幻想文学愛好家には歓迎されるような気がするので、今後の紹介を期待したい。


中村融「猫たちの饗宴ふたたび」より

(J・ダン&G・ドゾワ編『不思議な猫たち』解説、扶桑社ミステリー)