スマートフォン用の表示で見る

イ・スンヨプ

[朝] 이승엽 [漢] 李承燁 [英] Lee, Seung-Yeop

イ・スンヨプ大韓民国のプロ野球選手。

通称「国民的打者」「スンチャン」「スン様」。

左投左打、ポジションは一塁手背番号は36→33→25→3→36番。

1976年8月18日生まれ。韓国全羅南道出身。身長183cm・体重93kg。妻はイ・ソンジョン李松静)。

大邱慶北高校から1995年、三星ライオンズ投手として入団。

当時の監督である白仁天の勧めにより打者に転向。

1999年に54本塁打を打ち「国民的打者」と呼ばれるようになる。

1999年までは一本足打法だったが、2002年、シカゴ・カブスの春季キャンプに参加し打撃改造。

同年足を上げないフォームで47本塁打を記録。

2003年、「アジア新記録」となる56号本塁打を記録。本塁打王を5度、打点王を4度獲得、MVPにも5度選ばれた。

韓国プロ野球通算321本塁打を記録。

MLB移籍を目指すも、契約金などの条件が折り合わず、断念。

2004年、千葉ロッテマリーンズに入団。

同年、背番号36番が三星ライオンズ永久欠番となる。

移籍後は不振と慢心によりで二軍落ちを経験。宣銅烈金星根に叱咤激励を受ける。

2005年、マリーンズパ・リーグ優勝に貢献。

日本シリーズも4連勝で日本一日本シリーズでは11打数6安打、3本塁打、4打点という活躍を見せた。

チーム内での愛称は『スンチャン』*1

2006年、読売ジャイアンツに移籍。

同年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック韓国代表として出場。大会最多の5本塁打を放つ。

6月11日千葉ロッテマリーンズ戦において、3回表2死1塁から本塁打を放つも、1塁走者である小関竜也が3塁を空過してしまい、アピールプレイによりアウトを宣告され、無効となる。*2

8月1日、阪神タイガース戦にて日韓通算400号達成。*3

2011年オリックス・バファローズに移籍。

2012年、三星ライオンズに復帰。背番号永久欠番扱いとなっていた36を再び着用。

2013年6月20日、文鶴野球場でのSKワイバーンズ戦で、韓国プロ野球新記録となる通算352本塁打を達成した。



活字で火へんに華と注釈付きでよく書かれる。*4

リスト::野球選手

*1韓国語で”チャン”とは『兄(ニイサン)』の意味になるので、親しみと尊称の両方をこめることができる。

*2:記録は単打(右安打)。

*3:20代での達成は王貞治アレックス・ロドリゲスに続き3人目。

*4機種依存文字使用キーワード