スマートフォン用の表示で見る

イエス・キリスト

一般

イエス・キリスト

いえすきりすと

ナザレのイエスの名と救世主としての称号。

ヘブライヨシュアギリシア語音訳「イエスス」と救世主の意味の言葉「メシア」のギリシア語訳「クリストス」(「塗油されたもの」の意)からなっている。

西暦前2年のエタニムの月(9‐10月)に生まれ、西暦29年の大体同じころにバプテスマを受け、西暦33年の春、ニサンの月(3‐4月)の14日、金曜日の午後3時ごろに亡くなる。*1

キリスト教ではイエスを救世主として認めるという信仰告白の意味がある。

転じて、教徒以外にも固有名詞的に使用される。

*1:地上での存命期間