イオニア学派

一般

イオニア学派

いおにあがくは

紀元前6世紀から5世紀にかけて、イオニアのミレトスを中心にした自然哲学の一派。知覚的な情報を元に、自然・万物の根源である「アルケー」を様々に考察した。