スマートフォン用の表示で見る

イグ・ノーベル賞

一般

イグ・ノーベル賞

いぐのーべるしょう

[英] Ig Nobel Prizes

イグ・ノーベル賞は、ユーモアがある、かつ考えさせられる発明や研究を称える賞。ノーベル賞パロディであり、「裏ノーベル賞」の俗称も。

1991年アメリカの科学誌『Annals of Improbable Research』が創設(編集者のマーク・エイブラハムズが起案)。

「Ig Nobel」は、「Nobel Prizes(ノーベル賞)」と、「Ignobul(品のない、あさましいの意)」を掛け合わせた造語で、コンセプトは"make people LAUGH, and then THINK"。

工学賞、物理学賞、医学賞、心理学賞、化学賞、文学賞経済学賞、学際研究賞、平和賞、生物学賞等を設定している。ただし、突然新たな分野が新設されることもある。

毎年数千という研究がノミネートされ、自薦でも他薦でもよい。

授賞式

毎年10月、ハーバード大学のサンダーズ・シアターで開催される。式には、本物のノーベル賞受賞者が常連として出席している他、本家のノーベル賞授賞式パロディ化した趣向が随所にちりばめられている。

受賞者によるスピーチも見どころで、用意された時間は、たったの60秒。制限時間を過ぎると、舞台袖から8歳の少女「ミス・スウィーティー・プー」が現れ、スピーチに夢中の受賞者もお構いなしで、「もうやめて、飽きちゃったわ!」の連呼が始まる。

聴衆もおとなしく聞いているわけではなく、舞台に向けて紙飛行機を飛ばすのが慣わし。それをモップで片付けるのはハーバード大学教授のロイ・グラウバー*1。2005年と2014年以外は毎年登場している。

日本人受賞者

日本は、イギリスと並んで、これまでに多くの受賞者を輩出しており、2007年から2015年まで9年連続で受賞している。