イシコリドメ

一般

イシコリドメ

いしこりどめ

日本神話に登場する神である。「古事記」では伊斯許理度売命(櫛石窓神や豊石窓神とも)、「日本書紀」では石凝姥命と表記されている。岩戸隠れの際に八咫鏡を作ったとされる。また、作鏡連らの祖神とされている。