スマートフォン用の表示で見る

イデア論

読書

イデア論

いであろん

プラトンが説いたイデア(希: ιδέα、英:idea)に関する学説。我々が肉体的に感覚している世界は仮象であって、本質として実在している「イデア」の似像にすぎないとする考え方。「イデア」とは、「見ること」を意味する動詞イデーン(idein)の派生語で、本来は「見られたもの」。イデア実在すると考える考えは後にイデアリズム(idealism)と呼ばれるようになった。