スマートフォン用の表示で見る

イヌサフラン

動植物

イヌサフラン

いぬさふらん

[英] autumn crocus [学名] Colchicum autumnale L.

イヌサフラン(犬サフラン)は、ユリ目ユリ科イヌサフラン属(APG分類体系ではユリ目、イヌサフラン科、イヌサフラン属)に属する植物の総称および、この属に含まれる種(Colchicum autumnale)。
コルチカムという名称で球根が流通している。

ヨーロッパ中南部北アフリカ原産の多年生球根植物で、日本には明治時代に渡来し、園芸植物として広く植えられる。球根は径3 - 5cmの卵形で、9月から10月に花茎を15cmほど伸ばし、アヤメ科のサフランに似た花をつける。室内に放置した球根からも開花する。翌春に20 - 30cmほどの葉を根生する。耐寒性が強く、何年も植えたままで開花する。

アルカロイドのコルヒチン(colchicine)という毒性物質を種子には0.2 - 0.6%、鱗茎には0.08 - 0.2%含んでいる。鎮痛薬として使用されるが、嘔吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難といった副作用を起こし、重症の場合は死亡することもある。ヒトの最小致死量は体重50kgの場合、コルヒチンとして4.3mg程度である。

球根は、ジャガイモやタマネギと間違えることがあり、球根が出回る秋に誤食が起こりやすい。また、葉は開花後に出るため、春にギョウジャニンニクギボウシ山菜などとの誤食が起こりやすく、食中毒死亡例もある。