イビサ、生物多様性と文化

地理

イビサ、生物多様性と文化

いびさせいぶつたようせいとぶんか

(英名:Ibiza, Biodiversity and Culture、仏名:biza, biodiversité et culture)

1999年に登録されたスペインの世界遺産イビサ島は、イベリア半島東方沖、西地中海に浮かぶバレアレス諸島に属する島である。バレアレス諸島は古くから西地中海の海上の要衝とされ、古くはフェニキアカルタゴの支配地となり、その後支配権はローマ帝国に移り、ローマ帝国滅亡後は、バンダル人、東ローマビザンチン)帝国、北アフリカイベリア半島イスラム諸国、アラゴン王国などの間で、その支配・領有をめぐる戦いが繰り返されてきた。最終的にはアラゴン王国が支配を確立し、同王国などを統合して誕生したスペイン王国が同諸島を領有することになった。このような歴史的な経緯から、イビサ島にはフェニキアカルタゴ考古学遺跡や、スペインアラゴン)領時代の要塞などの軍事遺跡が残っている。同島の防壁で囲まれたアルタ・ヴィラの町も、こうした時代の名残である。イビサ島地中海性の気候に恵まれた豊かな自然を残しており、松林、アーモンド、イチジクなどの木々が分布し、海域には地中海固有種の海草が分布するなど生物学的にも重要なエリアになっている。これらが理由で、文化・自然両面から複合遺産としてユネスコ世界遺産複合遺産)に登録されることになった。