スマートフォン用の表示で見る

イブン=ルシュド

読書

イブン=ルシュド

いぶんるしゅど

アブー・アッ=ワーリド・ムハンマド・イブン・アフマド・イブン・ルシュド(アラビア語: أبو الوليد محمد بن احمد بن رشد‎, Abū 'l-Walīd Muḥammad Ibn Aḥmad Ibn Rushd, 1126年 - 1198年)は、スペインコルドバ生まれの哲学者


アヴェロエス (ラテン語: Averroes) の名でよく知られている。アラブイスラム世界におけるアリストテレスの注釈者として有名。また、医学百科事典を著した。

彼の著作は、中世ヨーロッパキリスト教スコラ学者によって、ラテン語に翻訳され、ラテンアヴェロエス派を形成した。

ラッファエッロ・サンツィオの代表作であるアテナイの学堂にギリシア哲学者の一人として描かれている。

上智大学中世思想研究所編;『中世思想原典集成.11 イスラーム哲学』(平凡社、2000年)に、著書『矛盾の矛盾』が貴重にも、日本語訳されている。