イラク日本人人質事件

社会

イラク日本人人質事件

いらくにほんじんひとじちじけん

2002年からのイラク戦争に関連して、2004年にイラク武装勢力イラクに入国している日本人を誘拐・拘束し、自衛隊の撤退などを求めた一連の事件。2004年、イラク武装勢力イラクに入国している日本人を誘拐・拘束し、自衛隊を撤退などをもとめたことがあった。これは米軍ファルージャ攻撃を境として頻発した、数ある外国(非イラク)人拉致事件のことである。当時、日本政府は、イラクへの渡航自粛勧告とイラクからの退避勧告を行っていたが、一方でイラクでの日本のNGOボランティア活動を公然と支援していた。