スマートフォン用の表示で見る

イリヤ・プリゴジン

ロシア出身でベルギー科学者(1917-2003)。

散逸構造理論?*1を研究。物理学化学のみならず、

近年の「複雑系」云々にも影響を与えたとされる。

1977年ノーベル化学賞

著作

  • 『混沌からの秩序』
  • 『存在から発展へ―物理科学における時間と多様性』
  • 『構造・安定性・ゆらぎ―その熱力学的理論』
  • 『複雑性の探究』

*1BZ反応が有名