インギー鶏

動植物

インギー鶏

いんぎーどり

 南種子町天然記念物明治27年イギリス帆船「ドラメルタン」号が暴風雨により漂着、その中で飼育されていた鶏を11羽もらい受け、そのイギリス人たちのことを地元の言葉で「インギー」と呼んだことにより、その鶏を「インギー鶏」として現在まで大切に飼育されていました。学術的にも世界的に珍しい鶏として注目されています。既に英国に於いても一羽もいないとのことです。尾骨があって尾羽がなく弾力がある肉質は柔かく大変おいしい鶏です。一羽の大きさが小さく、肥育期間が長いのが難点。ちなみに価格は、普通の鶏の約3倍の値段で大変高価なものです。「どっちの料理のショー」にも、取リ上げられました。


文章はhttp://raumenzuki.hp.infoseek.co.jp/jidori.htmから転載。

画像はhttp://www2.synapse.ne.jp/gotanegasima/05.htmlから転載。