インシュリン からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

インスリンは、血液中のグルコース量(血糖値)を一定に保つ働きを持ったペプチドホルモンの一種。膵臓ランゲルハンス島のβ細胞から分泌される。

インスリンの分泌が不足したり、インスリン抵抗性が生じると、血糖値が高くなり糖尿病を引き起こす。一方で、インスリンはその分泌を減少させることで血糖値の低下も防いでいる。低血糖は生体に致命的な影響を与える症状であるため、身体はインスリンによる低血糖への防御策として、グルカゴンやカテコールアミンといったインスリン拮抗ホルモンを用意している。

インスリンの主な働き