インタフェース からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

特定の2つ以上のものを繋げるための機能や規格。Interface

概要

主に以下の3つに分類される。英語では接触面、境界面の意味。

ハードウェアインターフェース

装置間の伝送通信を行う通信プロトコル(データの送受信の約束事)と接続するケーブル及びコネクタを標準(スペック)化した相互接続システムのこと。標準スペックとして装置設計に取り入れると製造メーカーが違っても決められたケーブルで接続すれば動作が保証できる。またインターフェースケーブルに付いているコネクタは、インターフェースコネクタまたはI/O(アイオー)コネクタと呼ぶ。例えば、HDMIUSBケーブル等。

ソフトウェアインターフェース

アプリケーションソフト同士の間や、オペレーティングシステムOS)とアプリケーションソフトの間でデータのやり取りをするための手順や形式のこと。代表的なものとしてアプリケーション・プログラミング・インタフェースAPI)がある。

ユーザーインターフェース

人とコンピュータを相互間で結ぶことのできる規格や手段などのこと。主な例にキーボードマウスタッチパネルなどを指す。「User Interface」の略として主に「UI」が用いられることが多い。機械とのインターフェースの場合、「ヒューマンマシンインタフェースHMI)」や「マンマシンインタフェース(MMI)」と呼ぶことがある。

その文脈により以下のようにいくつかの種類に分類することができる。


目次