インド軍

社会

インド軍

いんどぐん

(英語:Indian Armed Forces)(デーヴァナーガリー:भारतीय सशस्‍त्र सेनाएं, Bhāratīya Saśas‍tra Sēnāēṃ)

インド陸軍インド海軍インド空軍およびその他の準軍事組織を含むインド共和国軍隊である。インド軍の法律上の最高司令官は大統領だが、事実上の指揮権はインド政府のトップである首相が有している。インド軍の管理・運営は国防省 (Ministry of Defence) が担当する。

インド軍の総兵力は132万5000人で世界第3位の規模である。それには準軍事組織である沿岸警備隊インド軍事部隊および戦略核戦力部隊が含まれている。志願制を採用しており、徴兵制が行われたことは一度も無い。インドの国防費は公式発表で323億5000万ドルだが、実際の支出はそれよりはるかに高いと見積もられている。近年は近代化を加速させており、軍事目的での宇宙開発、核の3本柱(Nuclear triad、ICBMSLBM戦略爆撃機インドは未保有))の整備、ミサイル防衛システムの開発などを進めている。世界で6番目の核保有国原子力潜水艦保有国である。2011年軍事支出は489億ドルはあるとされている。