インフレ・ヘッジ

一般

インフレ・ヘッジ

いんふれへっじ

インフレ時には、土地や建物の実物資産の価格はインフレに伴って価格上昇が見込まれるため、名目表示の金融資産の所有者が実物資産の保有に乗り換えようとすること。

〔inflationary hedge〕

インフレ経済下における財産保全のための方法。一般には、現金や金融資産を、価値が(インフレ率を上回って)上昇すると予想される資産に移すこと。インフレ下では利子が物価上昇率に追いつかない=貨幣価値が下落する、ので必要となる。

実際の対象(手段)は、土地・不動産・宝石・株式・貴金属などさまざまなものが考えられる。