スマートフォン用の表示で見る

ウィトルーウィウス

アート

ウィトルーウィウス

うぃとるぅうぃうす

【Polico Marcus Vitruvius】カエサルアウグストゥスの時代に活躍した建築家軍事技術者。晩年にギリシアローマ建築学の精華たる『建築論十書』を皇帝アウグストゥスに献じた。(紀元前33年から22年に至る約10年の間。)「ヴィトルーヴィウス」とも表記する。ちなみに斯の松岡正剛は「適正性・適合性・全体的調和」〜「防御的、宗教的、実用的」で「美・強さ・用」や「喜び・堅固・利便」に対応し、「完璧な取り組み!」だとか「ギリシア的・ヘレニズム的な“与件性”とその“含意”自覚と統合」を「ヘレニック・バロック;シェノイキスモス! 先駆性、感銘!」とやたら大絶賛している。