ウイリアム・スミス・クラーク からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

ウィリアム・スミス・クラーク

うぃりあむすみすくらーく

アメリカ合衆国の教育者。札幌農学校(現・北海道大学)初代教頭

1826年7月31日生、1886年3月9日没。アメリカ合衆国マサチューセッツ州アッシュフィールド生まれ。

アメリカアマースト大学を卒業し、ドイツゲッティンゲン大学に留学。アマースト大学教授、アメリカマサチューセッツ農科大学学長を経て札幌農学校(現在の北海道大学)初代教頭に就任した。専攻は園芸学植物学、鉱物学。

専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。この他、学生達に聖書を配り、キリスト教についても講じた。のちに学生たちは「イエスを信じる者の誓約」に次々と署名し、キリスト教信仰に入る決心をした。

帰国するときに「Boys Be Ambitious(少年よ大志を抱け)」の言葉を残したことで有名である。アメリカ帰国後は新規大学の開学を企画するが失敗。その後、知人とともに鉱山会社を設立するが、会社は破産。晩年は心臓病でこの世を去った。