スマートフォン用の表示で見る

ウィンザーチェア

アート

ウィンザーチェア

うぃんざーちぇあ

【windsor chair】

17世紀後半よりイギリスで製作されはじめた椅子。当初は地方の地主階級民の邸宅や食堂などで主に使用されていたが、やがて旅館やオフィスや中流階級の一般家庭にも浸透していき、支持されるようになった。1720年代にはアメリカへ渡り、簡素で実用的な椅子として非常に流行を見せた。ウィンザーチェアの名称の由来については複数の説があり、ジョージ2世がキツネ狩の際に民家で見つけた椅子を自前の職人に作らせたとする説や、ジョージ3世がウィンザー城の王室で使用していたことに由来する説などがあるが、定かではない。