スマートフォン用の表示で見る

ウイルス肝炎

サイエンス

ウイルス肝炎

ういるすかんえん

肝炎ウイルス感染によって発症する肝炎を呼ぶ。

肝炎ウイルスは、A型、B型、C型、D型、E型、G型などがあり感染した肝炎ウイルスの種類によって、A型肝炎B型肝炎などと呼ぶ。

日本において重要なウイルス肝炎としては、A型、B型、C型の3つが特に重要である。

A型肝炎は経口感染B型とC型は血液感染する。

関連検査

A型肝炎

IgMHAV抗体
HA抗体

B型肝炎

HBs抗原(HBsAG)
HBs抗体
HBe抗原
HBe抗体
IgM型HBc抗体
HBc抗体

C型肝炎

HCV抗体
HCVコア抗体
HCVセロタイプ
HCV-RNAPCR、b-DNA)

など

目次
  • ウイルス肝炎とは
  • 関連検査
    • A型肝炎
      • IgM型HAV抗体
      • HA抗体
    • B型肝炎
      • HBs抗原(HBsAG)
      • HBs抗体
      • HBe抗原
      • HBe抗体
      • IgM型HBc抗体
      • HBc抗体
    • C型肝炎
      • HCV抗体
      • HCVコア抗体
      • HCVセロタイプ
      • HCV-RNA(PCR、b-DNA)