ウィンド・リバー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

映画

ウインド・リバー

ういんどりばー

Wind River

スタッフ

  • 脚本&監督:テイラー・シェリダン
  • 製作:エリザベス・A・ベル?ピーター・バーグ、マシュー・ジョージ?、バジル・イワニク?、ウェイン・ロジャース?
  • 製作総指揮:ブレイデン・アフターグッド?、ニック・バウアー?、ニコラス・カルティエ?、ブラヒム・シウア?、ジョナサン・デクター?、ジョナサン・ファーマン?、デヴィッド・グラッサー?、ウェイン・マーク・ゴドフリー?、ロバート・ジョーンズ?エリカ・リー、ヴィンセント・マラヴァル?、アニエル・メントレ?、ディーパク・ネイヤー?、シガージョン・サイヴァッツォン?、クリストファー・H・ワーナー?ボブ・ワインスタインハーヴェイ・ワインスタイン、ティム・ホワイト?、トレヴァー・ホワイト?
  • 撮影:ベン・リチャードソン?
  • プロダクション・デザイン:ニール・スピサク?
  • 衣装デザイン:カリ・パーキンス?
  • 編集:ゲイリー・ローチ?
  • 音楽作曲&演奏:ニック・ケイヴウォーレン・エリス

概要

なぜ、この土地(ウインド・リバー)では少女ばかりが殺されるのかーー

 アメリカ中西部ワイオミング州ネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。その深い雪に閉ざされた山岳地帯で、ネイティブアメリカンの少女の死体が見つかった。第一発見者となった野生生物局の白人ハンター、コリー・ランバートジェレミー・レナー)は、血を吐いた状態で凍りついたその少女が、自らの娘エミリーの親友であるナタリー(ケルシー・アスビル)だと知って胸を締めつけられる。

 コリーは、部族警察長ベン(グラハム・グリーン)とともにFBIの到着を待つが、視界不良の猛吹雪に見舞われ、予定より大幅に遅れてやってきたのは新米の女性捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)ひとりだけだった。

 死体発見現場に案内されたジェーンは、あまりにも不可解な状況に驚く。現場から5キロ圏内には民家がひとつもなく、ナタリーはなぜか薄着で裸足だった。前夜の気温は約マイナス30度。肺が凍って破裂するほどの極限の冷気を吸い込みながら、なぜナタリーは雪原を走って息絶えたのかーー

 監察医の検死結果により、生前のナタリーが何者かから暴行を受けていたことが判明する。彼女が犯人からの逃走中に死亡したことは明白で、殺人事件としての立件は十分可能なケースだ。しかし直接的な死因はあくまで肺出血であり、法医学的には他殺と認定できない。そのためルールの壁にぶち当たり、FBIの専門チームを呼ぶことができなくなったジェーンは、経験の乏しい自分一人で捜査を続行することを余儀なくされ、ウインド・リバー特有の地理や事情に精通したコリーに捜査への協力を求める。

コリーとジェーンナタリー父親マーティンのもとを訪ね、事件発生の夜にナタリーが恋人に会いに行っていたことを聞き出す。心を病んだ妻とドラッグ中毒の息子を抱えるマーティンは、かけがえのない存在である愛娘の命を奪われて憔悴しきっていた。

 捜査を進めるコリーとジェーンは、鬱蒼とした森の中で白人男性の遺体を発見。彼の身元はナタリーの恋人のマット・レイバーン(ジョン・バーンサル)だった。

その夜、自宅にジェーンを泊めてやったコリーは、つらい過去を打ち明けた。3年前に娘のエミリーを亡くしたコリーは、それが原因でネイティブアメリカンの妻と離婚し、幼い息子とも離れ離れに暮らしている。コリーの留守中に失踪を遂げたエミリーは、ナタリーと同じように自宅から遠く離れた場所で変わり果てた姿となって発見され、事件の全容は未だ不明のまま。コリーはそれ以来ずっと、娘を守ってやれなかった罪悪感に苛まれ続けていた。コリーの心の傷に触れたジェーンは、部外者の彼が献身的に捜査に協力してくれている理由を察するのだった。

コリーとジェーンはベンが応援に駆り出した若い保安官4人を引き連れ、マットの同僚たちが寝起きする山奥のトレーラーハウスに乗り込んでいく。

やがて不自然な言動を連発する警備員たちとジェーンらとの間に一触即発の緊張が走り、両者が一斉に拳銃を抜いて対峙する非常事態が勃発する。はたして事件当夜、この人里離れたトレーラーハウスで何が起こったのか。ウインド・リバーの静寂を切り裂く凄まじい銃声が鳴り響くなか、ついに明らかになる衝撃の真実とは……。

(公式サイトより)

ボーダーライン』『最後の追跡』などの脚本で注目を浴びた、テイラー・シェリダンの監督作品。

*1:Rated R for strong violence, a rape, disturbing images, and language.