スマートフォン用の表示で見る

ウェストファリア条約

社会

ウェストファリア条約

うぇすとふぁりあじょうやく

三十年戦争(1618年−1648年)の終戦条約。1648年10月24日調印。

初の本格的な多国間条約とも言える。

この条約のための講和会議はまた、初めての国際会議でもあった。

下記の事項などから”神聖ローマ帝国の死亡証明書”とあだ名される。


なお、「ウェストファリア」とはWestphalia(英、羅)だが、本当の現地地名は「Westfalischer」なので、これに合わせて「ヴェストファーレン条約」と表記されることもある。