スマートフォン用の表示で見る

ウォーターゲート事件

社会

ウォーターゲート事件

うぉーたーげーとじけん

(英語:Watergate Scandal, もしくは単に"Watergate")

1972年から1974年に起きたアメリカの政治スキャンダル。リチャード・ニクソン大統領の辞任に結びついた。事件は、ニクソン共和党政権野党だった民主党本部があるウォーターゲート・ビル(ワシントンD.C.)に、不審者が盗聴器を仕掛けようと侵入したことから始まった。当初、ニクソン大統領ホワイトハウスのスタッフは「侵入事件と政権とは無関係」との立場を取ったが、ワシントン・ポストなどの取材から次第に政権による野党盗聴への関与と司法妨害が明らかになり、世論の反発によって、アメリカ史上初めて現役大統領が任期中に辞任に追い込まれる事態となった。