ウォータフォールモデル

コンピュータ

ウォータフォールモデル

うぉーたふぉーるもでる

システムの開発工程の組み方の方法のひとつ。

基本計画,外部設計,内部設計,プログラミング,テスト,運用

という順に開発,導入していく方法

滝の水のように流れていくようになぞらえて,ウォータフォールモデルと言われる。大規模開発は,これで行う。