ウコギ科

動植物

ウコギ科

うこぎか

 植物の分類の一つ。山に生えていることが多いが、日当たり、日陰、どちらを好むかは、植物による。

代表的な植物として  ウコギタラノキコシアブラ、ウド、朝鮮人参などがある。経験則上、毒草はないようであるが、近縁のセリ科植物には有毒な種があるので、完全にはこの経験則を信用しないほうがいいようである。

なお、この科名の元締めの「ウコギ」は「五加木」とも書き、葉が食糧に出来るほか、根の皮をホワイト・リカーに漬けて薬用酒にすることができる。中国酒に「五加皮酒:うちゃぴーちゅう」というオレンジ色の酒があり、ウコギを材料の一つにしている。さらにいえば、「エゾウコギ」という亜種は、薬効が朝鮮人参と匹敵すると言われる。