ウッドバッジ実修所

一般

ウッドバッジ実修所

うっどばっじじっしゅうしょ

ボーイスカウトの指導者を養成し、その指導能力の向上を図る為の指導者訓練機関の一つで、隊指導者の上級訓練を行う所。

ウッドバッジ研修所修了後、一定期間*1、当該部門の指導者を経験した加盟員を対象に日本連盟が開設し、参加者が互いに体験を交流して指導技術の改善に努めると共に、スカウト運動の目的と方法の特色と価値を一層深く確信する事によって、指導者としての能力向上を図る事を目的としている。

ビーバースカウトカブスカウトボーイスカウトベンチャースカウトの各部門別に開設*2され、事前課題研修、5泊6日の基本訓練野営、3ヶ月以上の奉仕実績訓練*3の3つで構成され、修了者は、上級訓練修了章(胸章)とウッドバッジ、ギルウェルスカーフが授与される。

ちなみに関西では昔から「じっしゅうじょ」ではなく「じっしゅうしょ」と呼んでいます。

*1:最低1年間

*2ローバースカウト課程の実修所は現在開設されていません。

*3:自隊にもどり実修所で学習や体験したことを隊活動の中で実践してそのレポートを提出します。