ウポポ

音楽

ウポポ

うぽぽ

祝いや祭りのときなどに集団で座ったり踊ったりしてうたうアイヌの歌。「ウコウク」という歌い方が特徴。


おもに座り歌を意味し,円座を組んだ人々が,中央に置かれた行器(ほかい)(シントコ)のふたを軽く叩いて拍子をとりながら,旋律を1拍ずつずらして歌い継ぐ。