スマートフォン用の表示で見る

ウメ子

動植物

ウメ子

うめこ

小田原城址公園内にある、動物園で飼われている象。タイ王国出身。


1950年に推定三歳で小田原に連れてこられ、市がその後購入。

半世紀以上にわたり市民を楽しませてきたが、2009年9月17日朝、死亡しているのを職員が発見した。

2007年10月には還暦を祝うイベントを開催しており。人間に直すと推定100歳を超えていた。


動物園は、小田原城を昔の状態に近づけるため閉園が予定されている。

ウメ子の寿命が尽きると、動物園は無くなるとされている。

f:id:gryphon:20071020132012j:image

2007年10月20日撮影



<ウメ子のデータ>

来園当時 体長 約120cm

体重 約450?

平成19年9月現在

体高 約2m30cm

      体長 約3m(鼻2m、尾1mを除く)

      体重 約3t


<国内の長寿のゾウ>(平成19年9月現在)

王子動物園神戸市)    諏訪子(推定64歳)

井の頭自然文化園武蔵野市) ハナ子(推定60歳)

小田原動物園小田原市)  ウメ子(推定60歳)