スマートフォン用の表示で見る

ウルスラ

一般

ウルスラ

うるすら

Ursula

4世紀頃の処女殉教者。聖女ウルスラ、聖ウルスラ

少女を守護する4世紀の聖人英国内のキリスト教国の王女であったが、ローマ巡礼の帰路、ケルンドイツ)の地においてフン族に襲撃され、彼女と共に11,000人の乙女が殉教したとされる。

ケルン守護聖人10月21日を記念日とする。

Ursulaとは、ラテン語「熊」の意味を持つ。


少女を守護するということから、女子校の校名に冠されることが多く、日本にも「聖心ウルスラ学園」「八戸聖ウルスラ学院」などの元女子校の学園(共に現在は男女共学)が存在している。