スマートフォン用の表示で見る

ウンウントリウム

サイエンス

ウンウントリウム

うんうんとりうむ

[英] ununtrium

ウンウントリウム原子番号113の元素で、「ニホニウム」が正式名称として決定するまでの間使われたIUPAC による系統名。元素記号はUut。

概要

周期表で第13族元素に属し、タリウムの下に位置することから「エカタリウム」と呼ばれることもある。

超ウラン元素では比較的長寿命とされる。

2003年8月、ドブナ原子核共同研究所とローレンスリバモ国立研究所による合同研究チームがアメリシウムカルシウムからウンウンペンチウム元素合成に成功し、翌2004年2月、そのα崩壊の過程で0.48秒間観測したと発表。

2006年6月には、ネプツニウムカルシウムからの合成に成功したと発表。

2004年9月28日、理化学研究所森田浩介博士らのグループが、線形加速器リニアックを用いて亜鉛ビスマスからウンウントリウム元素合成に成功したと発表。

2009年にはドブナ原子核共同研究所やオークリッジ国立研究所などによるバークリウムカルシウムからウンウンセプチウム元素合成する共同研究において、その崩壊過程で検出。

2012年9月27日、理化学研究所は3個目の合成を発表。6回のα崩壊を経て²⁵⁴Mdとなる崩壊系列の確認に初めて成功し、合成した原子核ニホニウムだと証明できた。