スマートフォン用の表示で見る

エイズ

AIDS(Acquired Immunodeficiency Syndrome) 後天性免疫不全症候群 艾滋(中国語

原因
HIVウィルス[Human T-cell lymphotrophic virus type; ヒトT型細胞リンパ向行ウィルス]が免疫担当細胞の中心的リンパ球であるCD4リンパ球に感染し、死滅させることにより、免疫不全を招来すると考えられている
感染経路
欧米では多くが性行為による感染や麻薬注射*1による感染であるが、日本では血友病の治療過程において汚染された非加熱血液製剤(凝固因子)の注射に起因した例が多かったこと(発覚当時は全体の六割超。最近はこのルートの感染はない)が大いに異なる
症状
HIV感染後、徐々に進行する体重減少、下痢、全身倦怠感が初発症状で、検査成績ではHIV抗体の陽性化、CD4陽性リンパ球の著名な減少をみる。免疫力が低下するため、日和見感染症を併発する(カリニ肺炎、サイトメガロウィルス感染症など)
治療
きわめて難治であるが、多くの場合異なった作用機転をもつ2〜4種類の薬剤が併用される。DNAポリメラーゼ阻害薬・HIVプロテアーゼ阻害薬・HIV逆転写酵素剤などがある

検査

HIV検査(血液検査)

全国の保健所(無料・匿名)、医療機関(有料)にて受付

「HIV」と「エイズ」

日本におけるエイズ流行の特徴

増加の理由
  • 初期症状がわかりにくく、感染に気付かないケースが多い
  • 発症までの期間が長い
  • 正しい知識が広まらず、正しい予防がなされない

レッドリボン

エイズへの理解と支援のシンボルであり、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークでもある。エイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージが込められている。

世界エイズデー“World AIDS Day”(12月1日)

1988年にWHO(世界保健機関)が定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱したもの。日本でも12月1日を中心として、毎年各種の啓発活動が行われている。


*1:注射針の使い回し