エイルン・ラストコード からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜

えるいんらすとこーどかくうせかいよりせんじょうへ

東龍乃助のライトノベル

MF文庫JKADOKAWA/メディアファクトリー)にて2015年1月から刊行。

みことあけみがイラスト・メカデザイン、汐山このむがメカデザイン、貞松龍壱がロボ作劇・メカデザインをそれぞれ担当している。

あらすじ

これは嘘を真実に、空想を現実に変える、いや変えていった人間達の魂の物語である。西暦2070年。人類が謎の生命体マリスから襲撃を受けて半世紀以上の時が流れた。「闘うの……ヤなの。痛いのイヤ……もう全部……ヤなのイヤ……助けて、誰か……」だがマリスに唯一対抗できる巨大兵器 <黒き魔女> デストブルムのパイロットセレンは絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。そんなある日戦場に奇跡が舞い降りる。国籍不明の謎の戦闘機が出現、この世界に存在し得ない超兵器で、マリスを一掃する。盛り上がる人類。だが、戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツレクイエム」のパイロット、エイルン・バザットそっくりの少年で――。

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1248