エオルス音

サイエンス

エオルス音

えおるすおん

[Aeolian Tone]

春疾風、台風、木枯らし、風が強い日によく耳にするあの「ひゅうひゅう」言う音のこと。虎落笛。

物理的には風が吹いた際に、木の枝や電線などの柱状物体は風という流体中に静止している状態となり、それらの物体の風下左右両側から交互に逆向きの渦(カルマン渦)が発生し、鳴る音を指す。