スマートフォン用の表示で見る

エキップアサダ

スポーツ

エキップアサダ

えきっぷあさだ

エキップアサダ (Equipe Asada) は,「ツール・ド・フランスに日本のチームとして出場する」ことを目指して 2006年に発足した,日本初の独立プロサイクリングチームである.

2008年シーズンは,チーム名称「梅丹本舗-GDR(めいたんほんぽGDR)((UCI登録名「MEITAN HOMPO - GDR」,UCIコード「EQA」)として,「UCIコンチネンタル」カテゴリでチーム活動を実施した.