スマートフォン用の表示で見る

エクスプロイテーション

映画

エクスプロイテーション

えくすぷろいてーしょん

搾取。exploitation

興行利益中心の目的で特定の層を狙ってつくられた、しばしば低予算の安易な映画。

儲け主義映画

特定の観客の要求に応えることによって利益をあげることを目的として制作された映画。例として、セックスプロイテーション、ブラックスプロイテーションなどがある。一般に否定的な含みを持つ用語。

http://kermit.pos.to/word/word_ma.html

セックスを題材にしたポルノではない映画(セクスプロイテーション)、黒人を搾取する目的のブラックスプロイテーション等がある。

柳下毅一郎は自著『興行師たちの映画史-エクスプロイテーション・フィルム全史-』において「映画とは見世物であり、エクスプロイテーションこそ映画の本流である」との説を展開した。*1