スマートフォン用の表示で見る

エクリチュール

一般

エクリチュール

えくりちゅーる

意味

(仏)【écriture】

書かれたもの、または書くこと。英語のWritingに相当する。

  1. 哲学≫「話し言葉(パロール)」と対比させた「書き言葉」のこと。間接的・非主体的に表現される「書き言葉」は、書かれた意味が同定的に解釈されないというもの。
  2. ≪音楽≫作曲に用いられる記述技法のこと。

哲学用語として

ジャック・デリダ

意味は、現前(present)するものを表象(represent)するものであり、意味を持つそれ自体と差異を図る他体との参照関係が常に必要となる。それ自体が媒介する他体をコントロールできないので、それ自体の意味は、時点のズレである差異化を発生させてしまうものであり、意味を同定させるには反復可能性を持たなければならないと考えた。

ロラン・バルト

言語だけでなく、絵画、シンボル(象徴的事物)、ジェスチャー、音楽などの記号による意味作用を研究。書き言葉に見られるデノテーション(明示性)とコノテーション(暗示性)による意味の二重性に注目した。