エジプト革命

一般

エジプト革命

えじぷとかくめい

The Egyptan Revolution

1952年の政変

1952年に起きた、ナセルを指導者とする青年将校団によって起こされた政変。

国王が亡命して王政*1が廃止され、ナギブ(ネギブ)を首班とする新政権が誕生した。

1953年エジプト共和国の樹立が宣言される。

2011年の運動

また、2011年チュニジアの通称「ジャスミン革命」の成功が波及し、長期政権を保ったムバラク大統領の退陣を求める大規模デモ・座り込みなどがカイロ中心部のタハリール広場などで発生、最終的に2月11日に同大統領が辞任した一連の動きを、ネットなどで「エジプト革命」と呼ぶ動きもある。