エジプト軍

社会

エジプト軍

えじぷとぐん

(亜: جيش مصر‎)(英: Egyptian Armed Forces)

エジプト・アラブ共和国軍隊

正規軍はエジプト陸軍エジプト海軍エジプト空軍エジプト空軍で構成されており、2010年11月見積もりの総兵力は468,500人。予備役479,000人[1]。アフリカ大陸における最大の軍隊である。正規軍以外にも内務省が管轄する中央治安部隊(325,000人)、国境警備隊(12,000人)、国防省が管轄する国家警備隊(National Guard、護国軍とも。60,000人)などの準軍事組織が存在している。

軍総司令官は大統領が務めるが、現在は国防大臣ムハンマドフセイン・タンタウィ陸軍元帥が兼任、参謀総長は、サーミー・ハーフィズ・アーナーン防空軍中将。タンタウィは、エジプト軍最高評議会議長、アーナーンは副議長である。