スマートフォン用の表示で見る

エジプト文明

社会

エジプト文明

えじぷとぶんめい

古代エジプトで栄えた文明。

ナイル川流域は大昔*1から人間の住んでいた場所だが、最初の王国が生まれたのが紀元前3000年頃とされ、一応それ以降の年代をエジプト文明と呼んでいる。以後、第一王朝から第三十王朝までエジプト人支配が多少の断絶を挟みつつも継続された。

早期に集権国家が成立、ファラオと呼ばれた王は強大な力を持ち、ピラミッドに代表される巨大な建築物を誇った。

死生観と密接に絡む形で各種の技芸が発達、死体をミイラにして保存する慣習や、(ナイルの洪水を起源とするとされる)天文学数学暦法などが大いに発達した。

文化的にはヒエログリフと呼ばれる象形文字を使用し、王に仕える官僚機構がパピルス紙に各種の記録を残した。

*1:数万年前